1

フィンテックプラットフォム企業であるスタスタライオン香港証券取引所(HKEX)上場推進する。

香港証券取引所(Hong Kong Stock Exchange: 以下、「HKEX」という)が2018年4月末からバイオテックやITなどのニューエコノミー企業に対する上場規則を改正し、スターケーブ・スターライオンは2020年1月から香港の金融会社GLAMキャピタル、BCLキャピタルと共にHKEXに「カラーセキュリティコード」の保安技術で特例上場を推進すると言った。

メインボード(Main board)とGEM(Growth Enterprise Market)がある香港株式市場の時価総額は約4,000兆ほどで、あらゆる銀行資産運用会社、ファンドなどが集まっている'金融ハブ'と呼ばれる。 このように、香港メインボードに上場した企業は香港経済を代表する企業であると考えられる。

 

スターケーブ・スターライオンの香港上場が意味するのは?
2

スタスタライオンTed Ko代表(左から二番目)とGLAMキャピタルの役員陣



香港上場すると、信できる「み企業」として認められると同時に、制優遇や金融インフラ活性化、グロバル金融機への加機、中華ビジネス大の機などが期待できる。

今回の上場推進パトナであるGLAMキャピタルの創立者兼CEOのラリヤング(Larry Yeung)氏は、「スタスタライオンの技術特例上場がここ年上場した企業の中で最も期的なIT技術上場になるだろう」と評した。

カラセキュリティコドという新しい保安技術は、現在の金融決システムをリノベションし、グロバルペイメント市場に直ちに適用できるレベルで、用化の段階にきているからである。

肯定的なHKEX技術特例上場ケスとして、2018年の新企業「Ascletis Pharma」が考に値する。 Ascletis PharmaはHKEX技術特例上場に公募して14香港ドル(約1.78ドル)に新株2億2,400万株を行し、31億2,000万香港ドル(約4億ドル)に至る資本を確保した。


11



スタブの香港上場パトナー・グラムキャピタル(CR 2720416)は

2019年度一年間、HKEXメインボドに上の写真の四社を上場させるほどの力派企業であり、グロバル不動産市場にブロックチェンプラットフォムの開とサビスを提供する企業である。

Type 1: 証券取引(Dealing in Securities)

Type 4: 証券にするアドバイス(Advising on Securities)

Type 6: 法人財務へのアドバイス

(Advising on Corporate Finance)

Type 9: 資産管理(Asset Management)

などのライセンスを保有している。

 

もう一つのパトナであるBCLキャピタルは

2005年に設立された香港所在の投資門企業で、最近では主に潜在力のある企業を象にコンサルティング及び直接投資を行っている。

Type 9: 資産管理(Asset Management)のライセンスを保有している。

 

香港上場時、現在スターケーブ・スターライオンがブロックチェーンプロジェクトで発行したゴーストウォレットのMCCX暗号通貨保有者に限り、優先的に特典資格が与えられる!

現在「スタスタライオン」は、香港上場と共にナスダック上場も推進しているものとえられ、期待を集めている。

 


MCCX Projectの詳しい容および加にするお問い合わせは、公式ホムペジから。

【企業要】

企業名:株式STARLION GROUP

お問い合わせ先:mccxfjp@gmail.com

MCCXF 公式ホムペ: https://www.mccxf.com/

MCCXF-IFO 公式ホムペ: https://mccxf-ifo.com/

MCCXF PROJECT 公式 YouTube: https://www.youtube.com/channel/UCUOHyqMGMG5q3QJ7j0b725Q